学校案内

航空保安大学校の理念

 航空保安大学校は、空の安全を支える航空保安業務の専門家を養成する我が国唯一の教育訓練機関である。

 航空保安業務に従事する職員は、自らの業務が航空の安全すなわち人命に関わる業務であることを深く認識し、強い責任感と深い知識、適切な判断力をもって業務を遂行することが求められる。

 我々は、航空保安業務の提供にあたって最も重要な要素である優れた人材の育成に全力を尽くす。そのためには、地域との連携の下、学生の健康と安全を十分に確保し、周辺の自然・文化と調和した快適でゆとりある教育訓練環境と学生生活環境の内で、

1.航空保安業務に関する高度な専門知識・技量の付与、及びそれを常に維持発展させる向上心を養う教育訓練。

2.不断に発展する社会、技術の変化に柔軟に対応しより高度な航空保安業務を行っていくための創造性を涵養する教育訓練。

3.高度な能力と豊かな個性を有する個人が、組織人として行動し更に大きな力を発揮するための協調性をのばす教育訓練。

4.我が国の文化・風土に根ざし、アジアや世界の航空界とともに発展していくための国際性を育む教育訓練。

を行うものである。

航空保安大学校の沿革