学校案内

校長挨拶
 安全を確保するとともに快適で利便性の高い航空輸送サービスを提供するためには、航空に携わる全ての関係者、すなわち操縦するパイロットのみならず、地上の航空管制官や運航管理者、航空整備士、グランドハンドリング職員、空港施設等の技術者、航空気象職員等の関係する多くの人々がそれぞれの業務を高いレベルで確実に実施することが必要です。  航空保安大学校は、これらの人々のうち、国家公務員(国土交通省職員)である航空管制官、航空管制運航情報官及び航空管制技術官等の航空保安職員を養成するための我が国唯一の研修施設です。

 当校は、昭和34年に東京国際(羽田)空港内に当時の運輸省の「航空職員訓練所」として開設されたのが始まりであり、昭和46年に「航空保安大学校」となりました。その後、平成20年4月に、羽田から現在の大阪府泉佐野市(りんくうタウン)に移転しました。本校は、これまでに5,600名を超える航空保安職員を全国に送り出してきています。なお、本校では国家公務員として採用された職員の最初の訓練・研修を行っていますが、現場配属後の航空保安職員の訓練を行う施設として、本校のほかに宮城県岩沼市の仙台空港隣接地に岩沼研修センターを有しています。

 近年、低コスト航空会社(LCC)を中心とした航空便の大幅な増加、中国や東南アジアを始めとする外国人訪日客の大幅な伸びにより、航空需要の拡大が続いています。2020年には東京オリンピック・パラリンピックも控えており、今後も航空需要の伸びが予想されることから、首都圏空港などの航空交通容量の拡大などが計画されています。
 これに対応するため、新たなシステム等についても技術開発が進められ、安全の検証を行ったうえで導入されていますが、そのシステムの運用を行うのは「人」です。そのため、新しいシステムにも対応できる高い能力を有する航空保安職員の養成が、益々重要になっています。
 航空保安職員は、他の全ての航空に従事する者と同様に、自らの業務が航空の安全に関わるものであることを認識し、強い責任感と的確な判断力をもって業務を行うことが必要です。航空保安大学校では、高度で先端的な専門知識・技量を付与するだけでなく、責任感、判断力、協調性、国際性等も育む教育訓練を行ってまいります。

 航空保安職員の仕事は難しく、大きな責任を伴うものですが、航空の安全と発展に貢献できるやりがいのある仕事です。このホームページをご覧になっている、意欲と情熱を持った多くの若者のチャレンジをお待ちしています。

 今後も引き続き、皆様方の航空保安大学校へのご指導、ご支援をよろしくお願い申し上げます。
校長写真
平成30年10月1日
校長 長谷川 武