航空管制科

航空管制官基礎研修実習室
航空管制官基礎研修では4つの実習室を使い、管制業務実習を行います。
第2飛行場管制実習室

第2飛行場管制実習室
ここでは空港の管制塔での業務を実習します。
管制塔からの視界をバーチャル映像で映し出し臨場感たっぷりの実習を行っています。

ターミナルレーダー管制実習室

ターミナルレーダー管制実習室
ここでは空港周辺のレーダー管制業務を実習します。
空港で使用している物とほぼ同じレーダー画面を使用します。パイロット役も研修生が担当します。

進入管制実習室

進入管制実習室
ここではレーダーを使わずに空港周辺の航空機を管制(コントロール)する実習をします。
レーダーを使わないので、航空機の位置や高度はパイロットからの通報を用紙に記号や数字で記入して、これを使ってコントロールします。

航空路管制実習室

航空路管制実習室
ここでは空港間を結ぶ、高高度空域を監視する航空路レーダー管制業務を実習します。
実習では、高高度を高速で飛行する航空機の特性をシミュレータで再現し、安全かつ効率的な航空管制を学んでいます。