成田国際空港

成田国際空港

成田国際空港

沿革

・昭和53年 供用開始
・平成 4年 第2旅客ターミナルビル供用開始
・平成 5年 新管制塔供用開始(全高92.3m)
・平成 6年 A滑走路16側進入方式フルカテゴリーII運用開始
・平成 8年 ILS カテゴリーIII運用開始
・平成10年 第1旅客ターミナルビル第1サテライトの供用開始
・平成11年 第1旅客ターミナルビル北ウイング・中央ビル新館供用開始
・平成12年 第1旅客ターミナルビル第2サテライト供用開始
・平成14年 暫定平行滑走路供用開始、第1旅客ターミナルビル第3 サテライト供用開始
・平成16年 空港名を「新東京国際空港」から「成田国際空港」へ変更
        第1旅客ターミナルビル第4 サテライト一部供用開始
・平成18年 第1旅客ターミナルビル南ウイング供用開始
・平成21年 B滑走路(2,500m 化)供用開始
・平成22年 成田スカイアクセス線開業

成田国際空港概況

種別 会社管理空港
設置管理者 成田国際空港株式会社
位置 千葉県成田市
標高 41.0m
面積 1,172ha
滑走路(長さ×幅) A4,000m×60m、B2,500m×60m
エプロン(バース数) 大型ジェット用123、中型ジェット用8
駐車場 8,364台
無線施設 ILS、ASR、ASDE、VOR/DMEなど
運用時間 24時間
利用時間 6:00-23:00 (航空機の通常の離着陸をこの時間帯に制限)
アクセス 日暮里駅まで京成で40分、東京駅までJRで60分
成田国際空港