東京国際(羽田)空港

東京国際(羽田)空港

東京国際(羽田)空港

沿革

・昭和 6年 東京飛行場が立川から移転
・昭和14年 滑走路の新設・拡張(800m×80m、800m×80m)
・昭和20年 米軍による羽田の拡張工事着手
       (総面積257.4ha、滑走路2,100m×45m、1,650m×45m)
・昭和27年 米軍から返還「東京国際空港」と改称
        旧A滑走路延長(2,133m×45m)
        B滑走路延長(1,676m×45m)
・昭和30年 空港ターミナルビルとハイドラント給油施設が完成
        旧A滑走路延長(2,550m×45m)
・昭和36年 旧A滑走路延長(3,000m×45m)
・昭和39年 旧C滑走路新設(3,150m×60m)
        首都高1号線(羽田線)開通
        モノレール羽田 - 浜松町が営業開始
・昭和46年 旧B滑走路延長(2,500m×45m)
・昭和63年 沖合展開第1期のA滑走路供用開始(3,000m×60m)
・平成 5年 沖合展開第2期の西ターミナル施設供用開始
・平成 9年 沖合展開第3期のC滑走路供用開始(3,000m×60m)
・平成10年 国際線旅客ターミナルビル供用開始
        京浜急行空港線羽田空港駅まで延伸
・平成12年 沖合展開第3期のB滑走路供用開始(2,500m×60m)
・平成16年 第2旅客ターミナル施設供用開始
・平成22年 D滑走路供用開始(2,500m ×60m)
        国際線ターミナルビル供用開始
・平成26年 C滑走路延長(3,360m×60m)

概況

種別 国管理空港
設置管理者 国土交通大臣
位置 東京都大田区
標高 6.4m
面積 1,516ha
滑走路(長さ×幅) A3,000m×60m、B2,500m×60m、C3,360m×60m、D2,500m×60m
エプロン(バース数) 大型ジェット用174、中型ジェット用20、小型ジェット用28
立体駐車場 P1-2,351台、P2-2,343台、P3-2,451台、P4-2,425台
無線施設 ILS、ASR、ASDE、VOR/DMEなど
運用時間 24時間
アクセス 浜松町駅までモノレールで19分(空港快速)、東京駅までバスで約40分、品川駅まで京浜急行で15分(快速特急)