業務の概要

運航援助支援請負業務の民間委託

はじめに

国土交通省では、航空輸送及び空港運用の安全確保を前提に空港の運用時間の延長等ユーザーニーズの多様化、行政の減量・効率化などの航空保安業務を取り巻く環境の変化に対応し、今後の一層の効率的かつ効果的な業務実施体制の構築に取り組んでいるところです。
この取り組みのひとつとして、地方公共団体が設置管理を行う空港について、当該空港に配置する航空管制運航情報官が実施している業務を他の拠点空港の飛行援助センター及び成田国際空港の航空情報センターに集約するとともに、空港における安全及び円滑な運用を確保するための支援的業務を外部委託することとしています。


運航援助支援請負業務民間委託の概要

空港において航空管制運航情報官が実施する運航援助情報業務は、
(1)航空機の運航の監督に関する業務
(2)航空機の航行の方法に関する業務
(3)航空情報に関する業務
(4)航空通信に関する業務
の他、空港内における航空事故や突発的な滑走路閉鎖等の異常事態発生における対応を行っています。

これらの業務を飛行援助センターに集約するにあたって、飛行計画等の受付及び航空情報の提供支援等の定型的な業務並びに滑走路閉鎖時等の空港の運用状況に関する連絡調整、及び航空機の運航の支援、捜索救難等に関する関係機関等との情報授受を速やかに実施する必要があり、当該情報授受に係る業務を、運航援助支援請負業務として実施していただくこととしております。

このため、上記運航援助支援請負業務に従事される方には航空機の運航や空港の運用に関する知識と航空法令その他関係法令等に精通しておくことが求められます。


運航援助支援請負業務民間委託対象空港

旭川空港 帯広空港 女満別空港 青森空港 秋田空港 花巻空港 庄内空港 福島空港 松本空港 静岡空港 富山空港 南紀白浜空港 鳥取空港 出雲空港 岡山空港 山口宇部空港 佐賀空港 奄美空港 宮古空港 石垣空港

運航援助支援請負業務を請け負うためには

運航援助支援請負業務は、広く民間等の事業者の方に請負って頂くため、毎年度一般競争入札により実施しておりますが、安全かつ円滑な航空機の運航及び空港運用を確保するため、導入空港出張所、空港・航空路監視レーダー事務所及び管轄する飛行援助センター航空管制運航情報官の管理・監督のもと適切に実施されなければなりません。

そのため、調達実施にあたり予算決算及び会計令第73条に基づき競争参加資格を定めております。以下にその概要を示します。

運航援助支援請負業務を請け負うために必要な要件

請負者において航空機の運航の安全を確保するための業務または役務提供における実績があること。
*「航空機の運航の安全を確保する業務」とは滑走路等の空港基本施設又は航空保安施設の維持・運用・調査又は運航管理者が行う業務若しくはその補助業務をいいます。

業務実施体制

(ア)通常支援業務実施体制
仕様書に規定される作業員の勤務時間において、支援業務を確実に実施できる体制が確保されること。

(イ)通常外支援業務実施体制
異常事態等発生時又はその恐れがある場合及び航空保安業務提供時間外の場合においても、監督職員の指示により支援業務が実施できる体制が確保されること。

(ウ)研修・訓練体制
作業員の専門能力を維持、向上するための、仕様書に規定される研修・訓練を実施できる体制が確保されること。


上記の(ア)・(イ)の体制は、国土交通省訓令に基づく航空管制運航情報職員試験規則に規定する技能証明(運航援助情報業務)を有する者と同等の能力を有している作業員による体制であって、業務開始までに必要な作業員を確保できること。                 

一般競争に参加する際には、以上の要件を満たしていることを証明するための資料を提出して頂きます。要件を見直す場合がありますので、詳細は、調達時の入札説明書等をご覧下さい。

本件に関するお問い合わせ先

国土交通省東京航空局保安部運用課
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-1-15九段第2合同庁舎
TEL:03-5275-9321 内線7518

トップページ > 業務の概要