東京航空局における羽田空港機能強化への取り組み

東京航空局では羽田空港機能強化についてより多くの方々に知っていただくため、
以下の取り組みを行っております。


1.羽田空港見学会の開催

見学会は平成30年7月から9月にかけて、全12回にわたり開催します。
募集要項や詳細はこちらをご覧下さい。2018.5.1 update!


2.常設型情報発信拠点の設置

羽田空港機能強化の取り組みを紹介する情報発信拠点を設置しております。
是非お立ち寄りください。

場所:羽田空港第1ターミナルビル 北テラス3階
時間:6時から22時 (ご休憩にもご利用いただけます。)

■大型モニターによる取り組みの紹介
■タブレット端末を用いた資料の閲覧、ご意見の受け付け
■航空機の音と映像をヘッドフォンとモニターで体感いただけるサウンドシミュレーター
■これまでに発刊されたニュースレターや冊子をお持ち帰りいただけます。


3.移動型情報発信拠点の開設・展開

常設型情報発信拠点と同様に、情報を入手できる設備を各地へ展開してまいります。


-----------
2018.5.8 update!
<開設場所> 川崎区役所 大師支所
<開設期間> 平成30年6月18日(月)から6月22日(金)まで
<開設時間> 8:30から17:00

開設時間中は会場に自由に出入りできます。ご都合のよい時間に是非お立ち寄りください。



「羽田空港機能強化」については特設ページを開設しております。
(国土交通省ホームページが別ウィンドウで開きます。)
これまでの機能強化事業に関する経緯、羽田空港の現状、機能強化の必要性についてご覧いただけます。