新千歳空港・千歳飛行場

新千歳空港・千歳飛行場

新千歳空港・千歳飛行場

沿革

・昭和63年 供用開始(A滑走路3,000m)
・平成 4年 新ターミナル供用開始
・平成 8年 B滑走路(3,000m)供用開始
・平成22年 新国際線ターミナルビル供用開始

新千歳空港概況

種別 国管理空港
設置管理者 国土交通大臣
位置 北海道千歳市、苫小牧市
標高 21.3m
面積 726ha
滑走路(長さ×幅) A3,000m×60m、B3,000m×60m
エプロン(バース数) 大型ジェット用49、中型ジェット用4、小型ジェット用9
駐車場 3,920台
無線施設 ILS、VOR/DMEなど
運用時間 24時間
アクセス 札幌駅までJRで36分(旅客ターミナルビルB1Fに乗り人れ)、
バスで約60分、札幌市内までタクシーで約50分

千歳飛行場概況

種別 共用空港
設置管理者 防衛大臣
位置 北海道千歳市
標高 27.0m
滑走路(長さ×幅) 東3,000m×60m、西2,700m×45m
無線施設 ILS、ASR、ASDE、TACAN、PARなど
運用時間 24時間