羽田空港飛行検査に関する情報提供について

羽田空港飛行検査に関する情報提供について

○国土交通省航空局では、航空機の安全な航行に必要な無線施設等の信頼性を確保するために、実際に飛行検査用の航空機を飛行させて「飛行検査・検証」(以下「飛行検査」という)を実施しています。

○飛行検査は、通常の離着陸ルートだけでなく、検査のため民間航空機等が通常飛行しないルートも飛行します。また、高度についても低高度で飛行する場合があります。このため、午前8時以降の昼間時間帯に行った場合、空港の発着容量に空きがなく、定期便に影響(遅延)が生じることから、基本的に、東京国際空港の発着便が少ない時間帯である午前6時から8時の間で実施しています。           なお、令和4年1月より都心上空を飛行する検査の一部は、昼間時間帯等への実施に変更しています。詳しくは飛行ルート図(8)および(11)をご参照下さい。

○飛行検査機は地上施設の調整等により、やむを得ず旋回しながら上空で待機する場合があります。

空の安全を確保するため、ご理解いただきますようお願いいたします。

飛行検査日程(令和4年1月)※R4.1.28更新

飛行検査実施履歴

飛行ルート図(1)~(18)

飛行ルート図 その他

検査施設配置図

飛行検査業務について

飛行検査に関するよくある質問

このページの先頭へ