経済社会の活性化を担う東日本の空港

 航空は、我が国の経済発展と国際交流を支える国民の足として定着、発展しており、経済社会の活性化・国際競争力向上のための戦略的基盤としての役割を果たすものとなっております。
 東京航空局は、2017年10月に設立50周年を迎えました。今後も、我が国航空行政の一翼である現場部門の担い手として、国内線の拠点空港である東京国際空港、国際線の拠点空港である成田国際空港を始めとする国際・国内航空ネットワークを構築する「東日本の空」の安全・安心の確保と航空輸送の発展を支え続けます。

最新情報