経済社会の活性化を担う東日本の空港

 空港は、経済社会の活性化、国際競争力の向上を支える航空輸送の基盤とし、また、災害時などにおける防災拠点としての役割も担うなど空港を核とした地域の発展に大きな役割を果たしています。
 空港には、輸送基盤としての施設はもちろん、アクセスやアメニティの向上など都市機能と結びついた施設の整備により、交通結節点という枠をこえてその役割は今後とも、ますます重要なものとなっていきます。東京航空局では、東日本の空港において、利便性・快適性・効率性とともに安全性を一層向上する質の高い整備を進め21世紀の空の交通を支える魅力ある空港づくりを目指しています。

最新情報