航空情報科

研修内容の紹介
 本科航空情報科では、卒業後、全国各地の航空官署で航空管制運航情報官または航空管制通信官として活躍するために必要な基礎知識、技能を習得します。

 航空管制運航情報官は、航空機の運航に必要な情報の収集・提供をはじめ、飛行計画の審査、航空機の運航に関する許可、航空機の捜索救難、滑走路や駐機場などの飛行場面管理、更に無線を使用して航空機の運航をサポートするための情報提供及び管制機関と航空機との間の管制承認等を中継するなど、多岐にわたる業務を行っています。

 航空管制通信官は、無線を使用し、主として洋上を航行する国際線の航空機に対して、管制承認等の伝達及び航行の安全上必要な情報等を提供する業務を行っています。
研修期間
2年
学科科目
心理学、法学、数学、物理学、英語、航空法規、電波法規、無線工学、航空気象学、航空機概論、航空情報業務論、運航援助論、運航管理論、航空無線施設概論、航空管制概論、航空航法、対空援助論、管制通信論、飛行場情報論、コンピュータ概論、情報リテラシー、保健体育など
実技科目
データ通信操作演習、航空情報演習、飛行場対空援助演習、運航援助演習、管制通信演習、飛行場情報演習、広域対空援助演習など
実習風景

実習風景

空港の運用に係る調整業務

空港の運用に係る調整業務

実習風景

実習風景

広域対空援助業務

広域対空援助業務