学校案内

校長挨拶
HP_koda01.jpg
 航空は、我が国の経済発展と国際交流を支える国民の足として定着、発展しており、経済社会の活性化・国際競争力の向上の戦略的基盤としての役割も果たしています。
 航空輸送サービスが安全を確保しつつ、快適で高い利便性をもって提供されるためには、航空機を直接操縦するパイロットのみならず、運航管理者、航空整備士、空港職員、航空気象職員を始め、広範かつ多岐にわたる航空関連業務に携わる方々がそれぞれ高いレベルで確実に業務を実施することが必要です。

 国土交通省 航空保安大学校は、国の公務として航空機の安全かつ円滑な運航を支える航空管制官、航空管制運航情報官、航空管制技術官等の業務を行う航空保安職員を養成するための我が国唯一の研修施設です。

 当校は、昭和34年に東京国際(羽田)空港内に当時の運輸省の「航空職員訓練所」として開設され、昭和46年に「航空保安大学校」となりました。その後、平成20年に、現在の大阪府泉佐野市(りんくうタウン)に移転し、これまでに5,600名を超える航空保安職員が当校に採用され、最初の訓練研修を受講し、全国の航空局関係機関に配属されてきています。
 また昭和49年には本校に加え宮城県岩沼市の仙台空港隣接地に岩沼分校(現在の「岩沼研修センター」平成14年名称変更)が設置され、現場配属後の航空保安職員が、能力向上のための高度な専門知識や技能を取得するとともに現場に即した実践的な訓練を受講しています。

 世界の航空輸送は、これまで湾岸戦争、9.11米国同時多発テロ、リーマンショックなどがあっても、一時的な輸送量の落ち込み後には着実に回復し成長してきました。
 今般、新型コロナウイルス感染症の影響により、大幅に輸送量が減少した状況にあるものの、将来的には航空需要の回復、航空便の増加が予想され、我が国においては首都圏空港の航空交通容量の拡大などの計画が着実に進められています。

 航空交通管制システムについても、これに対応するための技術開発が進められ、安全の検証を行ったうえで導入されていますが、そのシステムの運用を行うのは「人」である航空保安職員です。
 航空保安職員には、システムの運用に対応できる高い能力と国家公務員としての高い使命感・倫理感を備えるとともに、他の全ての航空に従事する方々同様に、自らの業務が航空の安全に関わるものであることを認識し、強い責任感と的確な判断力をもって業務を行うことが求められます。

 更には ドローンや空飛ぶクルマといった次世代モビリティの出現・実用化が進むにつれ、将来的にはこれらを含めた総合的な航空輸送システムの構築や対応といった、新しい先進的な業務にも携わっていくことが求められます。

 航空保安大学校では、航空保安職員に対し、高度で先端的な専門知識・技量を付与するだけでなく、責任感、判断力、協調性、国際性等も育む教育訓練を行っています。

 航空保安職員の仕事は大きな責任を伴うものですが、航空の安全と発展に貢献できるやりがいのある仕事です。
 また、最近では女性の志望者・合格者が増加してきていることから、航空保安職員のキャリアパス構築においては、ワークライフバランスへの配慮も積極的に行われるようになってきています。
 意欲と情熱を持った多くの方々のチャレンジをお待ちしています。

 今後も引き続き、航空保安大学校の業務へのご理解・ご協力・ご支援をよろしくお願い申し上げます。

令和3年7月1日
甲田 俊博