航空情報科

研修生の声 教官の声
研修生の声
 私は、父親が航空関係の仕事をしていた影響で、小さい頃から自分も航空関係の職業に就きたいという漠然とした夢を持っていました。高校生の時、進路を考えていたところ、運航情報官のことを知り、航空保安大学校へ進学することを意識するようになりました。
 航空保安大学校の研修では、仕事に必要な知識を身につけるための専門科目に加え、社会人として身につけるべき一般教養の科目もあり毎日が忙しいですが、仲間と協力して乗り越えることで達成感を味わうと同時に、協力することの喜びを感じることもできます。
 また、運航情報官は円滑な情報交換ができる能力を求められるため、日常会話を大切にしたり、日々の研修の中でわからない内容があった時は一人で悩まず、仲間と協力して解決するなど、コミュニケーション能力を高める努力をしています。 はじめは運航情報官について多くを知らないまま入学して、不安な気持ちもありましたが、日々の研修を通じて少しずつ知識を身につけていくにつれ、運航情報官の魅力をより感じることができ、今では航空保安大学校に入学して本当に良かったと思っています。
 皆さんも航空保安大学校に入学して、運航情報官になり、私たちと一緒に空の安全を支える仕事をしてみませんか?
 
航空情報科50期   岡田 卓馬
 小学生の頃、社会見学で初めて空港へ行った際に、航空機の運航に携わる人々の多さに圧倒され、将来は地上で空の安全を支える航空関係の職に就きたいと思うようになりました。そんなとき、母が航空保安大学校の存在を見つけ、運航情報官という職を知りました。その幅広い業務と航空機の運航の安全を担うスペシャリストという面に惹かれ、入校を決めました。
 とはいえ、航空に関する専門知識はほとんどなかったため、研修の初めのうちは戸惑いつつも教官方の丁寧なご指導と同期との助け合いの日々の中で成長し、着実に航空の専門知識が身についていることを実感でき、とても充実した研修生活でした。実習では何度も悔しい思いをしましたが、同期とともに練習を重ね、航空人としての責任感を深めることが出来ました。

 空の仕事は幅広いです。
 ぜひ、たくさんの方々に運航情報官の仕事を知っていただき、目指していただきたいです。
航空情報科51期   堀田 菜央
教官の声
 航空管制運航情報官は航空機が安全に運航するために必要な情報をパイロットだけでなく関係者に様々な形で提供したり、運航をモニターしたり、飛行場の管理や運用を行ったりする一方で、これらに関係する許可業務やデータ通信、無線通信を行うなど幅広い業務を行っています。
 航空情報科では2年間でこれらに必要な関係法規、航空機の運航、航空気象、航空情報、飛行場、英語、IT関連の知識や技術等を座学や実習を通して習得します。また、無線通信により情報の提供を行うことから、在校中には航空無線通信士の資格も取得します。幅広い業務を行うことから履修科目も多いですが、皆さんがこれらを習得できるよう体制を整えています。
 航空情報科に入校し、将来の航空管制運航情報官として一緒に働きませんか。
 全国の空港で働く安全運航を支える仲間とともにお待ちしています。
航空情報科  望月科長
 飛行場対空援助、航空通信を担当しています。
 航空管制運航情報官は、航空の安全に必要な業務を多岐にわたり求められることから、航空情報科では卒業までに航空管制運航情報官または航空管制通信官として必要な基礎知識、技能を習得します。飛行場対空援助の研修では、無線を使用して航空機の運航に必要な情報提供及び管制機関と航空機との間の管制承認等を中継するなど実習を行っております。研修内容は専門性の高い科目ですが現場において的確に業務が実施できるよう日々訓練に取り組んでいます。航空の安全を携わる遣り甲斐のある職種ですので、多くの皆さんの参加をお待ちしております。     
航空情報科 教官 西村 政洋