航空電子科

研修生の声 教官の声
研修生の声
航空電子科の学生は航空管制技術官になるために、1年以上かけて国家資格を取得するための勉強をし、それと 並行して良き航空人となるための知識と技術を2年間かけて習得していきます。
2年次では1年次に座学や、基礎的な実験で学んだことを生かし専門的な分野まで実習や実験を通して詳しく学んでいきます。
航空に関して専門的な知識がなくて不安だという方がいらっしゃるとは思いますが、 私も最初は管制技術官とは何をするのかはっきりとは分かっていませんでした。 しかし、普段の授業や教官との会話、航空職場での校外研修を経て、今では管制技術官という職が多岐にわたって活躍の場があることがわかり、 現場に出るのが楽しみです。
航空電子科50期 田口 史月
私たち航空電子科の学生は、空の安全を守るプロフェッショナルになるために、日々研修に励んでいます。
研修では、将来の業務に必要になる専門的な分野を中心に学習しています。
研修の中で大変なこともありますが、頼れる教官がサポートしてくださったり、信頼できる同期と助け合いながら、充実した研修生活を過ごしています。
学習だけでなく学校行事も沢山あり、違う学科の人や先輩方と関わる機会が多くあります。
大変な事もありますが、仲間と協力しあい楽しく過ごしています。
皆さんも是非ここ泉州の地で一緒に学んでみませんか?
航空電子科51期 伊藤 珠希
教官の声
 航空管制技術官は全国の空港など航空官署で、航空機の安全・確実な飛行を支えるための通信・監視・管制情報処理に関わるシステムや、航空機を誘導する航法システムのサービスをパイロットや管制官等におこなうエンジニアです。
 航空電子科では、航空管制技術官として必要な知識、技能を身につけるために、電子工学の基礎、航空管制システムや航空官署での業務などについて学びます。
 厳しい試験や実習に追われる日々もありますが、全寮制で先輩や仲間たちと過ごす2年間は、将来一人前の航空管制技術官となった後も一生続く強い絆を結ぶものとなります。
 私たち教官はそんな学生たちの研修はもちろん、日常生活や社会人として求められるマナーに至るまで、時には厳しく、時には優しく親身になって指導することでサポートします。
 航空管制技術官行き「航空電子科52期便」への搭乗を心からお待ちしています。
 私たちと一緒に大空へ向かって離陸しましょう。      
航空電子科長  伊尻 浩規
 電子基礎実験と航法システムを担当しています。
 私たち航空管制技術官は空の安全を技術面で支えるプロ集団です。無線技術の知識だけでなく、航空管制の知識や情報処理、ネットワークなど、幅広い知識が必要となりますが、2年間の学生生活の中でしっかりと学ぶことができますので、何も心配はいりません。
 近年は女性の学生も多く在籍し、男女の差なく活躍できるのも、この仕事の特徴ではないでしょうか。女性の学生をサポートできるよう女性教官も配属されていますので、男性も女性も、ぜひ航空保安大学校にチャレンジしてください。お待ちしています。     
航空電子科教官  林 結子