航空電子科

研修生の声 教官の声
研修生の声
 私たち航空電子科の学生は航空管制技術官になるため、1年以上かけて国家資格の取得を目指して勉強すると同時に、 良き航空人となるための知識と技術を2年間かけて習得していきます。
 2年次では1年次に座学や基礎的な実験で学んだことを生かして、実習や実験などを通じてより専門的な分野について詳細に学んでいきます。
 航空に関する知識がなくて不安だという方もいらっしゃると思いますが、授業や教官との会話、実際の職場での校外研修でしっかり学ぶことができるので安心してください。
 皆さんと共に現場で働くことができる日を楽しみにしています。
航空電子科51期 水上 治郎
 私たち航空電子科は、航空管制技術官という空の安全を守る航空のエンジニアになるための研修に励んでいます。
 航空や無線に関する専門的な科目はもちろんのこと、英語や心理学などの一般教養も学ぶことができ、幅広い知識を身につけることができます。
 入学時は不安なことがたくさんありましたが、現役の航空管制技術官を含む教官方や頼りになる先輩方の心強いサポート、そして苦楽を共にする同期達と切磋琢磨することによって、その不安もなくなり充実した日々を送っています。
 研修の中で大変なこともありますが、その分学校行事や寮生活の中で楽しいこともたくさんあります。
 皆さんも私たちとこの航空保安大学校で一緒に学びませんか?
航空電子科52期 百田 千紗
教官の声
 航空管制技術官は全国の空港など航空官署で、航空機の安全・確実な飛行を支えるため通信・監視・管制情報処理に関わるシステムや、航空機を誘導する航法システムのサービス をパイロットや管制官等におこなうエンジニアです。
 航空電子科では、航空管制技術官として必要な知識、技能を身につけるため、電子工学の基礎、航空管制システムや航空官署での業務などについて学びます。
 厳しい試験や実習に追われる日々もありますが、全寮制で先輩や仲間たちと過ごす2年間は、将来一人前の航空管制技術官となった後も一生続く強い絆を結ぶものとなります。
 私たち教官はそんな学生たちの研修はもちろん、日常生活や社会人として求められるマナーに至るまで、時には厳しく、時には優しく親身になって指導することでサポートします。
 航空管制技術官行き「航空電子科53期便」への搭乗をお待ちしています。
 私たちと一緒に大空へ向かって離陸しましょう。      
航空電子科長  石井 利明
 電波法と監視システムを担当しています。
 私たち航空管制技術官は空の安全を技術面で支えるプロ集団です。無線技術の知識だけでなく、航空管制の知識や情報処理、ネットワークなど、幅広い知識が必要となりますが、2年間の学生生活の中でしっかりと学ぶことができますので、何も心配はいりません。
 近年は女性の学生も多く在籍し、男女の差なく活躍できるのも、この仕事の特徴ではないでしょうか。女性の学生をサポートできるよう女性教官も配属されていますので、男性も女性もぜひ航空保安大学校にチャレンジしてください。お待ちしています。     
航空電子科教官  柳本 千珠